残業が少ない化学メーカー求人

化学メーカー転職TOP >> 条件別の化学メーカー求人 >> 残業が少ない化学メーカー求人

残業が少ない化学メーカー求人

残業が少ない化学メーカーの求人にはたとえば「事務職」の求人があげられます。事務職は一般職のことであり、一般事務、営業事務といった職種があります。一般事務は化学メーカーの各部門の業務に必要な書類を作成するのが主な仕事です。基本的に会社で仕事をしているので、電話や来客の対応も仕事のうちです。営業事務は営業部門の業務に必要な書類を作成するのが主な仕事です。一般事務とは異なり、営業職の社員を集中的にサポートする役割を担います。営業関係の電話が会社にかかってきた時は営業社員の代わりに対応することもあります。

なぜ事務職は残業が少ないかというと、仕事量・仕事内容がある程度安定しているからです。割り当てられた仕事を一定のペースでこなしていけばいいので、ノルマもありませんし、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性も低いです。特に新規開拓をどんどん行うような職種ではない分、いきなり仕事量が格段に増えるというようなこともありません。メーカーによっては定時で帰れることも珍しくないでしょう。

ただし、事務職といえど他の部門と業務が切り離されているというわけではないので、会社全体が忙しい時期には事務職もある程度忙しくなります。その時期であれば定時で帰るのは難しくなり、残業を行う必要が出て来るでしょう。もっとも、よほど仕事が溜まっているというわけでもなければ、残業時間は少なくて済みそうです。

事務職は残業時間が少ない分、給与も他の部門と比べて少なめです。それから女性雇用が多く、正社員採用もそれほど多くないということに注意しなければなりません。人気の職種で競争率が高いので、転職を考える時はライバルに勝つことを意識しておくべきです。求人を見逃さないように募集情報は定期的にチェックしておきましょう。

化学メーカーといえば研究職ですが、この職種も比較的残業の少ない求人が多いです。化学メーカーの研究職では商品の研究、開発、分析、試験、評価といった業務を行います。個人で長時間研究に没頭するというよりも、グループで定められた時間に従って研究を進めていくことが多く、余裕を持って仕事ができるような体制になっています。休暇・休日についても十分に取れることが多いです。しかし、そのかわり、定められた時間内でしっかりとした業績を出さなければならないというプレッシャーもあります。業績を満足に出すことができていなければ、残業せざるをえない状況になることも想定しておくべきです。

化学メーカーの求人に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 化学メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.