化学メーカーの離職率

化学メーカー転職TOP >> 化学メーカーの転職の基礎 >> 化学メーカーの離職率

化学メーカーの離職率

化学メーカーの離職率は、企業にもよる所はありますが、他のジャンルの職業に比べると少ない傾向にあります。2013年のCSR企業総覧によると、新卒として化学メーカーに入社してから3年間の定着率は93.3パーセントを記録しており、計算に含まれた社数も62社と多いにも関わらず、これだけ離職率が低いのは珍しいです。同じ条件の下で計算された48社のサービス業の定着率は73.6パーセントですから、まさに驚異的な数字と言えるでしょう。

職を離れる人数が少なければ、当然、安定した職業だということですし、同時に環境や待遇面、将来性についても期待が高いです。多くの化学メーカーは継続的に需要がありますし、転職するのに適していると言えるでしょう。特に化学メーカーの場合は、研究職が技術職、営業職の他に工場といった業務内容の幅も非常に広く、それそれの企業がそれだけ多くの人員を必要としていますので、そういった面でも魅力があります。

化学メーカーの中にも、仕事の環境や安定性については差がありますから、条件がいい会社であれば、それだけ離職率も低い傾向にあります。だからといって、職を離れる人が多い所は止めたほうがいいかというと、そういうわけでもありません。離職率というのはあくまでも数字ですので、退職をした原因は企業によってさまざまです。ブラック企業だから辞めてしまう人が多い所も確かにありますが、一身上の都合や、もっといい企業に勤めたいなどといった願望から退職をした人が多いのケースもあると言えます。そういうわけですから、離職率はあくまでも参考程度として留めておくといいでしょう。

転職先を決めるのに一番重要なのは、自分が勤めたい会社か思えるかどうかです。年収や福利厚生、大手か中小企業か、将来性があるかどうかなど、重要だと思える点は人それぞれですので、自分の希望をあくまでも基準にすることは忘れないようにしましょう。ただ、離職率が低ければ、将来性や安定性には優れている会社であることには間違いありませんから、低いほうがいいに越したことはありません。

化学メーカーの離職率を含めたデータは、東洋経済CSRが毎年調査を行っていますので、詳しい情報について知ることができますし、人気が高い化学系のお仕事は転職エージェントで調べることも可能です。そういったものを参考にして転職を決める方も多いですから、このような方法などを使って、勤めたいと思えるような企業を探してみるといいでしょう。

化学メーカーの求人に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2022 化学メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.