化学メーカーに強い転職エージェントランキング

転職エージェントを活用した転職活動

化学メーカーへ転職したいと思ったら、まずは化学業界についての情報収集が欠かせません。マイナビエージェントに代表されるような転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受けましょう。

その後、自分の希望する条件やキャリアプランに沿って化学メーカーの求人を紹介してもらえます。働きながら一人で転職活動するよりもずっと効率的で、ミスマッチも起こりにくいのでオススメですよ。

化学メーカーの求人に強い!転職エージェントランキング!

  サービス名 利用料金 対応エリア 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・マイナビエージェントはIT関連に強く、ITの応募の70%以上が年収のアップにつながっています。
・CAのサポートが力強く、履歴書の書き方や面接の対応方法を丁寧にアドバイスしてもらえます。
強みはなんといっても非公開求人。映画会社の非公開求人を案内してもらえることも。



リクルートエージェント 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
転職エージェントの中でも求人数もエージェントの数もNo1の最大手として抜群の知名度。
・エージェントのサポートがしっかりしており、難しい映画会社の就職もしっかりサポート。
・業界の中でも信頼度が高いため、非公開求人も多く映画配給会社などの求人も備えています。



type転職エージェント 無料 東京・神奈川・埼玉・千葉 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エージェント利用者の約70%が年収アップするなど、転職でのキャリアアップを目指すならここ。
機関誌も発行しているほどIT関連とのパイプが強い。映画制作の求人もたびたびあります。
・エージェントの就職診断がしっかりしていて相談にしっかりのってくれる。女性の求人にも強い。




DODAエージェントサービス 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大手と言っても良いDODA。求人も幅広く、映画会社の求人も多数みつかります。
・年間1万人以上をサポートし、全国8か所の営業所があり地方での転職にも強みを誇っています。
オファーが来るのを待つだけのスカウトサービスや合同説明会、転職フェアなどイベントも多数。



キャリコネ 無料 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・大手に比べると比較的小さく求人数なども劣りますが、使いやすい機能が満載されている。
「未経験チャレンジOK企業」「急募企業」などの企業も紹介できるので絞り込みしやすいです。
・キャリコネは知らない人も多いかもしれませんが成長率では非常に高いサイトです。



化学メーカーに転職するには?

化学メーカーへの転職は、自分の能力や環境、経験に見合った企業へのリサーチ力が重要になってきます。ただ、大前提として、ここで働きたいと思えるような魅力ある企業を探すのが重要です。化学系のお仕事は、事務などの一般的な会社と比べると、キャリアが高く評価され、将来性があると言えるでしょう。

化学工場の場合は危険物取扱者など必須となる資格があります。化学メーカーの中でも細かなジャンルによって必要な資格や学歴は変わってきますので、スムーズに転職ができるようにするには、事前にそういったチェックも必要です。求人情報を企業ホームページで確認することでそのような情報を得ることができます。また、マイナビエージェントのような転職に特化した求人サイトを活用するのも一つの方法です。

化学メーカーと言っても、営業職や技術職、研究職と、さらに細かくお仕事の内容が分類されています。業務によって勤務時間や給与、待遇などは違いますので、細かくどんな職に就きたいのかをあらかじめ決めておきましょう。経験があるものを選んだほうが有利になりやすいですが、せっかく職場を変えるのなら、働きたい、働きがいがあると思えるようなものを選ぶことをお勧めします。

さらに、満足のいく結果を出すために効率的に就職できるようにするには、情報収集が必要不可欠になります。魅力のありそうな企業を探してみるだけではなく、年収や待遇はどうなっているのか、企業自体に将来性はありそうか、そして必要な資格や経験などはあるのかも詳細に調べていきましょう。そうすることで、心から働きたいと思えるような化学メーカーも見つかりやすいです。求人倍率についても知っておけば、企業選びや面接後に採用してもらえるかどうかの予想をする時に役立ちます。さらに、化学メーカーならではの面接対策や自己PRの方法も事前に頭に入れておくと、採用が有利になることは間違いありません。なぜ、就職を希望したのか、志望動機についてもしっかりと意見を固めておくとアピールもしやすいでしょう。

化学メーカーはキャリアになる企業が多いですし、特に大手の会社となると、必ず対策は必要になってきます。確実に転職したいのであれば、同じ職を希望するライバルに負けないようにするためにも、自己PRできる点をまとめておいたり、必要な資格を取得しておくなど、しっかりと準備をしておきましょう。以上のことを踏まえた上で面接へ臨めば、大手の化学メーカーへの就職も決して夢ではありません。

化学メーカーの求人倍率は?

化学メーカーの求人倍率は、昔と比べると増加傾向にあります。そうなると単純に就職が難しくなるのではと思われるかもしれませんが、それだけ将来性のある魅力ある職業だとも言えるでしょう。また、化学メーカーの中ではさらに職種が分かれており、それだけチャンスがあるのも事実です。現に、2013年9月の時点では、2013年8月に比べると、化学系を含めた技術職の求人数が最も増えたとされています。さらに2014年2月には、海外プラント事業を強化するためにさらに採用枠を拡大したという情報もあるのです。求人倍率だけではなく、採用枠も増えているので、チャンスはむしろ大きい可能性は十分にありますし、今後にも期待ができるのではないでしょうか。

化学メーカーは流行り廃りのないビジネスモデルですから安定した職業ですし、これからも求人倍率が高くなる可能性はあると言えますが、これはあくまでも統計上の話です。実際の所は企業ごとに異なりますし、逆に少ない所もあります。転職で確実に内定を取りたいのなら、ライバルの少ない会社を選ぶのもありですが、企業選びの参考としてだけ見ておけば、あまりプレッシャーを感じることもないでしょう。倍率が高くても低くても、採用枠があるのは確かですから、自信を持って就職活動に励むことをお勧めします。

キャリア採用として募集している場合は、転職希望者のためだけの求人ですから、採用希望者は同じ条件下ということになるので、臆する必要はありません。職種は他にも沢山ありますし、転職希望者が必ず化学メーカーに就職するわけではないので、ライバルの多さを気にし過ぎるのは禁物です。それでも内定の確率が少しでも高いほうに賭けたいということであれば、倍率を基準に企業選びをするのも一つの方法です。ただ、あくまでも内定するかどうか、結果を左右するのはライバルの人数ではなく、自分の人間性や能力になります。倍率次第ではなく、転職してよかったと思える企業に就職するのがベストだということは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

しかし、ライバルの数や状況を含め、化学メーカーの現状についても知っておくことは転職の手助けになることもまた事実です。安定した職業だとは言っても、今後、状況が変わってくる可能性はないとは限りませんし、転職を有利に進めるためにも、求人倍率を含めた最新の情報については敏感になっておいたほうがいいこともあるでしょう。


Copyright (C) 2014-2018 化学メーカーに強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.